結婚という形も、時代時代で変わりゆくもののように思います。

結婚が、「ゴール」と言われた時代は、ひと昔以上も前になります。

いまや、ゴールと思って結婚する人は、いないと言っても過言ではないのかも知れません。

結婚の形も、夫婦別姓という選択があったり、最初から別居を前提に結婚するなんていう話も聞きます。

そうなってくると、実際に籍は入れない「事実婚」なんていう言葉もできて、多様性もいいところですね。

私は、個人的にセレモニーが好きではないので、結婚式をしませんでした。

結婚式をしないカップルの一番の理由は経済的な理由が一番ということですが、私の様な「セレモニー嫌い」も結構いるようです。

ただ、周囲がどうしても、と希望したり、経済的に安定してきたという理由で後から、結婚式をする、という形も多くなっているようです。

どんなに、周囲に祝福され大きな結婚式場で豪華な結婚式を挙げ、派手な披露宴をしても、数年で離婚、なんて話も、私の周りにゴロゴロあります。

中には、2~3回同じようなことを繰り返したり、なんていう強者もいます。

そうかと思えば、結婚式をしなかったカップルで、仲良く長く暮らしている人もいます。

セレモニーをしたか、しないかで、結婚が長続きするかどうかは関係ないようです。

いま、もう一度結婚するとしても、やはり結婚式は選択しないと思います。

親しい友人を招いて食事会だけ、というのが理想です。

結婚式で、「変わらぬ愛を誓い合う」より、長く苦楽を共にする夫婦の
お互いの友人を紹介し、親睦を深めることに意味があるように感じるからです。

豊かな時代、物事の多様化が進んでいきますが、本当に、当人同士が望む結婚が選べるようになったら素晴らしいことですね。